« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月29日 (日)

千葉県千葉市花見川区 「HOT CAKES」

        先日、千葉市花見川区にある「HOT CAKES」さんを訪問!。

       Dsc00395_2 

プロスノーボーダーとして有名な堂前 和也プロ(左)と黒瀬 塁プロ(右)にお会いできました!。

HOT CAKEのアニキは、気さくに”カズヤ” ”ルイ”ってな感じで呼び合う程、仲がいいです。

堂前プロとは以前もお会いしてるのですが、今回はゆっくりお話ができて楽しかったです。

 

続きを読む "千葉県千葉市花見川区 「HOT CAKES」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

茨城県ひたちなか市 「ベルデン」

今回は、茨城県ひたちなか市の「ベルデン」様をご紹介しましょう!!。

勝田駅からのびるメインストリート沿いに位置しております。

Img_0307_1_2 Img_0308_1_2

街の電気屋さん?って思ってしまいますが、いやいや知る人ぞ知る名店なのです。

もともとはホームオーディオの専門店としてOPENしたのですが、お客様の要望もあり

カーオーディオ・カーセキュリティーと幅広い展開をしています。

「創業は?」の質問に

続きを読む "茨城県ひたちなか市 「ベルデン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

べーゼンドルファー

         ピアノの世界でも、御三家と呼ばれるものがあるらしいです。

  スタインウェイ/ベヒシュタイン/べーゼンドルファー

          800pxbosendorfer_185_2

耳にしたことがありますか?。あれ、ヤマハは!?・・ですが、歴史がまだまだ浅いらしいです。

べーゼンドルファーは、この御三家の中でも1828年音楽の都オーストリア・ウィーンに創業と最も歴史が古く、

チェンバロ(ピアノの祖)の血統を引き継いでいる、多くの作曲家・ピアニストから絶大な支持を受ける名門なのです。

生涯にグラミー賞7度受賞し「鍵盤の皇帝」の異名を持つ、ジャズピアニスト 故オスカーピーターソン氏も

このべーゼンドルファーを愛用していた程です。

続きを読む "べーゼンドルファー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

第9回モービル・エレクトロニクス・ショー(MES)

「モービル・エレクトロニクス・ショー(MES)」

2008年6月21日(土)/22日(日)の両日、千葉県は幕張メッセにて開催されました。

天候は両日とも雨・・でしたが、屋内展示の為、影響はありません。ホッ・・です。(笑)

梅雨シーズンということもあるのでしょうが、MESは雨の日が多いような・・。気のせいですかね?

それとも、自分が雨男!?

Img_0275 Img_0285

写真(右)は、渋滞中に激写。雨雲に呑みこまれる東京タワー!!。雨雲が低くてっぺんが無い!?。

どうでもいいのですが・・(笑)。

続きを読む "第9回モービル・エレクトロニクス・ショー(MES)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

「LES PAUL」と「JBL」

「LES PAUL(レスポール)」

ギターを弾く人であれば必ず知っていることでしょうこの名前、この響き!。

エレクトリック・ギターの巨匠・レスポール氏です。(ギタリストでもあります)

1958~60年に生産されたビンテージ・レスポールは、1本数千万円の値が付くものまであるのだとか!!(驚)

写真はレス・ポール本人です(笑)、愛嬌あるおっちゃんです。もうおじいちゃんかな(笑)、

誕生日は6月9日、ロックの日でもあります。運命ですね(笑)。今年で93歳らしいです。

Les_t_2   240pxgibson_lp_classic_2

「GIBSON LES PAUL Model」といえば、数多くのギタリストに愛用されています。

エリッククラプトン(クリーム時代)やジェフベック・ジョンレノン・スラッシュ・ニールショーン・ジョーペリー

ジョンサイクス・ザックワイルド・松本孝弘等々、愛用者はホントにキリがありません(笑)

おっとランディローズもそうですね(笑)。

続きを読む "「LES PAUL」と「JBL」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

BS番組「音楽名店探訪」「SONG TO SOUL」

        ハイビジョン番組で、こんな番組がはじまりました。

       「音楽名店探訪」

 

        BS-i で毎週火曜日19:00から19:54放送。

        新聞を見て「観たい!!」と思ったのですが、気づくのが遅く見事今回は見過ごしました(涙)。

 

続きを読む "BS番組「音楽名店探訪」「SONG TO SOUL」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

iPhone発売決定!!

           iPhoneがソフトバンクから2008年7月11日発売!!らしいです。

                080605_iphone Main_overview20080609_2

                     電話、iPod、

                        そしてインターネットも。

    

                       年内に発売と聞いていたのですが、こんなに早いとは思ってもみませんでしたね~。

                       「アイホン」と呼んでしまいがちですが、正式には「アイフォーン」だそうで・・・。

                       日本ではインターホン会社の「アイホン」が商標を持っているそうです。お間違いなく!!

                       価格が気になりますね。白戸(ホワイト)家のホワイトプランは適用されないのでしょうか?(笑)。

                       詳細はアップルのページまで。iPod関連ブログはここ!!

                       そして、こんな記事も・・・。

米電子機器大手アップルが、デジタル携帯プレーヤー「iPodアイポッド)」や新型携帯電話「iPhoneアイフォン)」について、一定額を払えば、有料配信サイト「アイチューンズ・ストア」の楽曲が聴き放題となる新サービスの検討を始めたことが明らかになった。欧米メディアが21日までに報じた。

制限なしのサービスについて、音楽大手と交渉を進めているという。

アップルが展開するアイチューンズ・ストアは2007年、米音楽小売業者として小売り最大手ウォルマート・ストアーズに次ぐ2位に浮上したが、販売の伸びは鈍化しており「聴き放題」の導入で需要の掘り起こしを図りたい意向とみられる。

聴き放題のサービスに関しては、携帯電話機世界最大手のフィンランドのノキアが開始を準備するなどしており、デジタル音楽分野の競争は一段と激しくなりそうだ。(共同)

   

                               ちょっと前になりますが、iPodネタでこんな面白い企画が↓

              2000万円の超高級オーディオにiPodが挑戦 

           クリック “iPod VS JBL&Mark Levinson”クリック       

                          是非、ご覧あれ~!

※iPod関連ブログカテゴリー DRIVE+PLAY2 ”ハーマンカードン ”もご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

ハンドブック・レコーディングエンジニア

             Spbo0211_2 Spbo9304 

       みなさん、上の本見たことありますか?あるという人もいるのでは?

       「ハンドブック・オブ・レコーディング・エンジニアリング」「ハンドブック・オブ・サウンドシステム」

       ステレオサウンドより発売されております。ともにジョン・アーグル著。

「放送・レコード・映画・舞台と、音に対する考え方の微妙な違いを感じる。

それは、相互の優劣ではなく音の捉え方の違いであり、展開場面の違いに

すぎないのだが、今こそお互いにそれを再確認し合うことがより高度に

また多彩に進歩していく音響世界を支える各現場の音響技術者の努めでは

ないだろうか。常に原点に戻り明日への指向を正しくする努力が常日頃

求められる。その為に本書は技術者のまさにそれだと言えるものである」

日本PA技術者協議会/理事長 八幡泰彦

       感服致します。このお言葉。音の原点を再確認出来る、バイブル本なのです。

       私も随分昔に購入していましたが、あまりにも難しくリタイヤしました。

       また、押入れから引きずり出して再読中です。

       今、読み起してみると意外に理解できる部分が増えています(笑)。

       でも、まだまだ勉強不足です(涙)。解らないページの方が多いです・・・。

       それは、さておき。本題はこの本の著者の話です。

       この本の著者、ジョン・アーグル氏はなにを隠そう、(輝かしい経歴は←をクリック)

                John_eargle_lg_3                                   

JBLプロフェッショナルの製品開発及び応用部門のシニアディレクターなのです。

       私がまだ音響専門学校時代の頃にも、この本に見覚えがあるのです!。

       恐らくこの本で学んで、各音楽業界で活躍されている音響エンジニアは無数に

       いると思います。

       スゴイ・・です。潜在的に我々の頭にはJBLがインプットされているのかもしれません・・。

       そして残念なことに、ジョン・アーグル氏は去年76歳という年齢でお亡くなりになりました。

       アーグル氏の晩年の大きな仕事には、“The JBL Story: 60 Years of Audio Innovation”の執筆、

       そしてJBL60th AnniversaryモデルとなるDD66000用に、自身の録音を中心に選曲を行った

       デモンストレーション用CD“Eargle on EVEREST”の制作があります。

       なかなか、手に入らないCDですが持っている方は大事に大事にして下さい。

       「ハンドブック・オブ・レコーディング・エンジニアリング」

       「ハンドブック・オブ・サウンドシステム」

       ステレオサウンドにて購入が可能ですので興味がある方は、是非ご購入下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

JBL カーオーディオ 新製品アンプ GTOシリーズ

JBLというとスピーカーのイメージが強いのですが、

   実はアンプも凄いんです!。

なにせ同じグループには、

  • マークレビンソン
  • ハーマンカードン
  • クラウン(アムクロン)

と言った”超”の付くアンプブランドを擁し、実際クラウンとはタイアップ製品を繰り出してきました。

出し惜しみせずに、ではではお披露目です。

   NEW  JBL GTO AMPLIFIRE DEBUT!!

    Jblgto1004_up Jblgto1004

続きを読む "JBL カーオーディオ 新製品アンプ GTOシリーズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

ジェイムズ・B・ランシング物語

Jbl_big 

2008年5月30日、発売になりました!。

「ジェームズ・B・ランシング物語」

オーディオ書物によくある技術的な部分ではなく、

タイトルにある通り「ジェームズ・B・ランシング」に

スポットを当てた内容。

著者の佐京純子氏は、スポーツ系の著書が多く

本書の中でも「私は職業がジャーナリストであり

決してオーディオのマニアでも評論家でもない。

ごくごく普通の音楽愛好家」。

そんな音楽愛好家の佐京さんが、魅せられた「ジェームズ・B・ランシング」を綴っていく内容は

すごく暖かみを感じます。恋人のことを書いてるかのよう(笑)。先程も書いたように技術系の

書物では無いです。専門書ばかり見ていた私にはすごく新鮮な内容で楽しめました。

ジムランの家族(奥さんと子供)の写真もあります。長男はお父さん似(笑)。

続きを読む "ジェイムズ・B・ランシング物語"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

JBL 660GTI EISA AWARD受賞

          Jbl660gtiweb_4

  2008年度、EISA AWARDにおいて 「CAR SPEAKER SYSTEM」 部門より

     祝:栄冠をまたしても掴みました!!!

 2008 EISA AWARD BEST PRODUCT JBL660GTI

 

続きを読む "JBL 660GTI EISA AWARD受賞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »